それでは、マインドフルネス瞑想はどのようにして行うのでしょうか。

マインドフルネス瞑想は、最初にストレッチをすることから始まります。それにより、身体のこわばりを取るのです。次に、呼吸を深め、脊柱や骨盤といったアライメントを正すといった、コンディショニングを行います。それから、自律訓練法、呼吸法というものを行います。副交感神経を優位にして、呼吸のリズムを整えることを行います。座禅を組んで集中をして、脳や体を休めます。そこまで済んだら、最後に覚醒とクロージングを行います。副交感神経優位になった、通常の状態に戻すことが出来るのです。

水中マインドフルネス瞑想は、水中でも行うことがあります。水の中は意識呼吸が必要となっており、水の特性を生かして呼吸に対して意識を集中させ、心を静めた状態に出来るというプログラムです。ストレッチからスタートして、胸中心の呼吸をしやすくします。座位はヌードルに座り、プールサイドを持って腹式呼吸の準備をします。それから水平体位を行い、ヌードルを首の下に入れ、プールサイドに足をかけて水平の体位にし、耳を水の中に入れて、水の音を聞いて呼吸を行うというものになります。このようにして、マインドフルネス瞑想を行うのです。

参考メガロス
└マインドフルネス瞑想プログラムのあるフィットネスクラブのサイトです。